社労士の年収について


専門的なスキルは年収を大幅に上げる

人脈を構築していれば年収アップはできるとは言えません。
顧客は自分で解決できないから、社労士という専門家に相談に来ています。

 

もし、人脈はよくても仕事はできなかったらどうでしょう?
再び顧客はやってくるのでしょうか?

 

おそらく、仕事ができる社労士の所に行くと思います。
したがって、顧客をつかむためには、専門性を高めることが重要であることは言うまでもありません。

 

では、どうやって、専門性を高めることができるのでしょうか?

 

それは、あなたの知識だけでなく、社労士の先輩から多く学ぶことができます。
もし、親が社労士であれば、しっかり親の意見を聞いてください。
先輩で知り合いがいたら、しっかり先輩の意見を聞いてください。
経験をしている方の意見は、非常に専門性を高めるものです。
専門性を高めるために一番有効なのは、自分で幅広いことに興味をもち、調べて実践していくことです。
実際に調べて頭で理解しても、実践という行動にあらわさなければ、経験を積むことができません。
経験を積んでこそ専門性は高まるものですから・・・。

 

また、現在の社会での問題点、顧客のニーズを詳しく知り、幅広い方面で対応できるようにするために、
行政書士などの資格を合わせて取っておくということでも、専門性を高めることはできます。
専門性とは、実際に経験して顧客の反応があって、
それを参考にして、有効であれば同じアプローチで、有効でなかった場合は、
違うアプローチで実践するというPDCAサイクルの繰り返しで身につくものです。
そのため、専門性を身につける近道というものは存在しないと言っても過言ではないでしょう。
年収アップをのぞむ前にやるべきことはたくさんあるのです。