社労士の年収について


社労士の年収は本当に魅力的なのか?

勤務型の社労士では、普通に勤務していれば生活に困窮することはありませんが、
独立型の社労士では、年収が定まっていないので、安定した顧客をもたなければ、いつ、やっていけなくなるか分かりません。
独立型の社労士をしている人は、そんなに毎月顧客をいっぱいとっているのでしょうか?

 

確かに顧客を多くとっている人も中にはいます。しかし、違う方法で、収入を得ている人も多くいるのです。
それは、サイトビジネスで収入を得ているという事です。

 

サイトビジネスって何?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
ここで、サイトビジネスについて紹介していきたいと思います。

 

サイトビジネスとは、社労士の本来の仕事のサブ的な役割の仕事で、助成金や補助金の申請・代行業務、アフィリエイトなどが該当します。
助成金には、特定就職困難者雇用開発助成金などが該当し、この助成金を得て年収を安定してもらっている人も中にはいます。
助成金の種類は他にも幅広くありますので、独立型を考える場合は参考にしてみてください。

 

また、先行き不透明な世の中で、リストラしないといけない中小企業も数多くあります。
そんな中、その相談窓口として、社会保険労務士が補助金の申請・代行業務仕事をするという案件も増えています。
最近は、インターネットで広告を出したりして、直接売り込みにいくことなく、
簡単に幅広い人に提案できるようになり、独立型も難しい時代ではなくなってきました。
アフィリエイトを通して、社労士の魅力を伝えつつ報酬を得るということも可能です。
安定した収入を見込めない場合は、これらを参考にして年収アップできるように頑張ってください。