社労士の年収について


人脈を作りながら年収を上げる

社労士の年収アップに必要なことの一つに、人脈を構築することが言えます。
では、この人脈を構築するためには、どういうことが必要なのでしょうか?
まず、人脈というものは、人と人とのつながりという意味で、人とのふれあいによって培っていけるものです。
そのため、人と関わることなしでは、人脈を構築することなんて不可能です。
この点を押さえておいてください。
人脈を構築するためには、まず、自分よがりにならないことが必要です。
「自分がすべて正しい。」と思う人は人脈を構築することが難しいでしょう。
他の意見を傾聴し、納得する(うなずく)、あるいは反論するなどして、相手の言っていることをしっかり耳に入れて、
しっかり伝えるという事が大事です。
ただ、耳にするのではなく伝えるという事がポイントなのです。
これで、コミュニケーションの一部ができるのです。

 

次に、相手の立場に立って親身になって考えるということです。
相手の立場がもし、自分の身にふりかかったらどう思いますか?
その気持ちを素直に伝えて、相手の立場を理解して話を進めていくことも重要です。
そして、相手の誘いや質問にはすぐに返答し、相手も自分のことを親身になってくれていると感じさせなければいけません。
傾聴して意見を言う、受容して相手の立場を理解する、相手の質問には早く返答する、という3つは最低限できていないと、
顧客からの安心感や信頼感といったものをつかむことは難しいでしょう。
後は、人となり、評判、あいさつなどの普段の行いがカギとなります。
社労士で年収アップを目指す方は、日頃から気を付けて、人脈を高めることを意識するようにして下さい。